衣類

男女共用

カナダは広大な国土で地域によって微妙に気候が異なりますが、基本的に寒いことには変わりありません。私が留学していたカルガリーでは寒い時にはマイナス30度にもなることがあります。夏は短いですが30度ぐらいになることもあるので夏服も当然必要です。

寒い冬もバンクーバーとカルガリーでは寒さの質が異なり、バンクーバーは気温はそんなに低くないですが、沿岸沿いで湿度が高いため、日本のように体に染み込む寒さがあります。一方、カルガリーは高地のため乾燥しており、気温の割に寒さを感じる事はありませんが、肌を露出していると凍てつく寒さを感じます。寒いというよりはむしろ痛いです。

もちろん衣類はカナダでも買い揃えることができるので心配ありません。カナダに来て気候に合わせて不要な物は買い足す程度で良いでしょう。ここまで寒いとある程度おしゃれには目を瞑って実用性を取る必要があります。

ダウンジャケット

カルガリーでは寒い日はマイナス20-40度になります。おしゃれな冬服コートなどは通用しません。ユニクロのウルトラライトダウンなどでも役不足です。アウトドアブランドの厚めのダウンジャケットなど、しっかりとしたコートを購入することをオススメします。日本では過剰に思えるCanada Goose のダウンジャケットもカナダではちょうどよく思えるでしょう。

高機能下着

アウトドア用の高機能下着であったり、ユニクロのヒートテックがあると全然体感が変わるので長期滞在予定の方は1週間分ぐらい持っていくと良いでしょう。ユニクロはカナダのバンクーバーやトロントにもありますが、値段が高いので日本で買っておいた方が良いです。

ネックウォーマー

個人的には必須アイテムです。カナダのような極寒地、特にカルガリーのような乾燥した土地で肌を露出しないことが防寒の最善策です。ネックウォーマーは見た目の割に防寒度はかなり高いです。マフラーの場合、吹雪くと隙間から風が入り込む事があり、あまり効果はありません。

フォーマルウェア

カナダの生活に馴染んでくると、クラブやパーティに出向くことが多くなると思います。ちゃんとした場所ではドレスコードが規定されていることが多いです。大学・カレッジの授業などでは論文発表・プレゼンをする際はフォーマルを要求する授業もあります。このように普段は割とTシャツ+ジーンズなカナダ文化ですが、しっかりと場所をわきまえるので注意して下さい。

メガネ・コンタクトレンズ

眼鏡が異常に高いです。日本だとZoffやJINSなどのように5000円ぐらいから購入できますが、カナダにはこのような量販店は見当たりません。普通のメガネで約100~200ドルぐらいです。またカルガリーではオシャレな眼鏡を探そうとすると、さらに倍ぐらいかかります。眼鏡を利用する人はできれば予備も合わせて2つぐらい持っていった方が良いと思います。
コンタクトはカルガリーの場合、基本的にメガネ屋に眼科医がいないので、眼科で検診してから購入しなければならず面倒です。しかも眼科は保険が使えないことが多いので、コンタクトは是非日本で購入して持っていくことをオススメします。あわせて、コンタクトの洗浄液等必要なものを買っておくと良いでしょう。カルガリーでは若干高めです。
サングラスも同様に高いです。またこれは必需品です。とにかく日差しが強いため、晴天の日などは眩し過ぎて目をまともに開けているのが大変です。度入りのサングラスが必要な方はぜひ日本で買っておいて下さい。

衣類

女性用

海外で生活し始めると日本って至れり尽くせりな国なんだと改めて感じる物です。そして、日本製品の1つ1つに品質の高さを改めて感じたり。女性用の商品もその例外ではありません。留学・ワーキングホリデー中の女性たちから貴重な意見を頂いたのでここでご紹介します。

ブラジャー

日本のブラは高性能、多種、カラフル、そしてビュー ティフル!!カナダでブラをいくつか買いましたが、どれも着け心地が悪く、全てタンスで眠った ままです。子パイさん用にもちゃんとサイズはありますが、とにもかくにも機能性が悪い。付け心地も悪いし、種類も少ない。基本的には、柄なし、レースなし、色気のないブラです。(パンツは逆にかわいいものも沢山ありますので、こっちで買う気で来てOKです。)

ストッキング・タイツ

ストッキングもタイツも異様に高い! 特にタイツはカナダでの必需品と言っても過言ではないので、適当に持っていって下さいね。

ババシャツ

カルガリーでは女の子用のババシャツなるものを見かけたことがありません。そしてこっちの子でババシャツ愛用者も見たことがないです。ということで、寒がりさんは要持参!