日本からのお土産

ホームステイ先と良好な関係を築くことが楽しい留学生活を送る上で大切です。いくらお金を払ってお世話になるといえども、手ぶらでお邪魔するのは日本人の恥という物です。せっかくの機会なので、日本らしい喜ばれるお土産を持って行くと良いでしょう。

特に最初は会話のきっかけもなく難しい物ですが、家についてほっと一段落したところで、お土産を手渡すと一気に雰囲気が和んで、ぐっと距離が縮まることもあります。ホームステイすることは私たちにとってカナダという国を知る機会ですが、ホストファミリーにとっては日本を知る機会でもあるのです。特に子供なんかは玩具などでうまく気を引くとすぐに仲良くなれますよ。

家族構成を調べておく

紹介してくれたところに聞いて、ホームステイ先の家族構成を事前に調べておきましょう。老夫婦二人だけなのか、子供がいるのか、子供がいるなら、何歳ぐらいの子供かなど。小さな子供がいると日本のアニメキャラのグッズ等が喜ばれる可能性もあります。私がアメリカ留学当時ピカチュウが放映されており大人気でした。ホームステイ先の子供にピカチュウのキーホルダーで大喜びされた記憶があります。何が放映されているかチェックしてその人気のアニメキャラのグッズをプレゼントしましょう。私がカナダ留学当時、忍者キャラのナルトは人気でした。

食料品・お菓子

食料品はかなり難易度が高いです。日本的な味覚が通じる人たちではありません。北米にある日本食レストランの味もだいぶアレンジされているぐらいですからそのままの味付けで喜ばれることは稀です。おいしいと言って食べてくれても、実は箸の進みが悪いということもあります。また、美味しいと言いながら、塩・胡椒たっぷりかけてたりすることもあります。食料品に関しては正解はないので、避けるのが無難かもしれません。

甘さに国境はないのでお菓子などは無難かもしれません。日本では当たり前のお菓子なども割と人気だったりします。普段すごく甘い食べ物を平気で食べているカナダ人も日本のお菓子などは甘すぎなくて美味しいと言います。あ、甘すぎって感じながら食べてるんだなぁと思ったこともありました。しかし、日本のお菓子もアジア系スーパーで購入出来る時代になってきたので、ひょっとすると珍しいお土産にならない可能性もあります。

日本的なお土産

私たちの感覚ではありえないものが意外とカナダ人には大受けだったりしますし、コテコテの日本的な物も喜ばれてたりします。地方在住の方は自分の故郷の物産品などをお土産にすると喜ばれるかもしれません。幾つか和なお土産を紹介したいと思います。

漢字入り商品

漢字入り商品は鉄板です。特に人気なのが漢字入りのTシャツです。私も一度これを持って行ったことがありますが、とても喜ばれました。意味は理解できないから何でもと思うかもしれませんが、せっかくなので何か意味があるもの、そしてその説明をしてコミュニケーションを計るなどなどすると良いのではないでしょうか?タオル、帽子などもいいですね。寿司湯呑も漢字のオンパレードでいいですよね。

伝統玩具

剣玉、竹とんぼ、コマなど昔ながらの日本の玩具も人気です。どのように使うのか教えられるよう自分ができないといけませんが、玩具で一緒に遊んでコミュニケーションを取る良い機会になりますよ。英語での教え方を考えることが良い勉強になります。剣玉は北米で一時期ちょっとした流行になっていましたね。

和風・和柄トランプ

和風というよりも風景やアニメキャラなど何かしら日本を感じさせるトランプなんかも良いです。これも玩具と一緒でコミュニケーションを取る良い機会になるからです。向こうで流行っているトランプのゲームを学べますし、英語をこのような遊びから学ぶと言うことはとても大切です。ちなみに私は「Bull shit」というゲームにはまりました。日本でいうページワンですかね。

花札とかも一見良さそうですが、ルールを教えるのが大変なので、あまりオススメしません。

折り紙

お土産としてではなくて、滞在中に折り紙で、色々と作ってあげると喜ばれますよ。折り紙というのは日本の芸術ですから。小さな子供、特に女の子の子供がいる家庭で鶴などの折り方を教えてあげると良いです。

日本酒・焼酎

味が受け入れられるかは好み次第ですが、日本酒・焼酎の瓶、ラベルは日本的で好まれます。飾ってある家庭もよく見たことあります。日本酒もワインと同じで味は様々です。ワインが好きな欧米人だとフルーティな味の日本酒が好まれるかもしれませんね。酒好きなホストファミリーであれば、ニッカやサントリーなどのジャパニーズ・ウィスキーも好まれるかもしれません。

和柄の食器類

ワレモノのためお土産として持って行くのは大変かもしれませんが、和柄の食器類、箸は喜ばれるでしょう。特産品のような良い食器類である必要はありません。100円ショップで売っているような和風食器でも十分に喜ばれます。彼らにそれらが100円だと伝えたらびっくりすること間違いないでしょう。実際、日本を訪れる観光客が100円ショップでお土産を買って行くぐらいですから。

ベテランホストファミリー

ホームステイの受け入れを何年もやっているホストファミリーに渡すお土産程悩む物はありません。なぜならありとあらゆるお土産を受け取っているからです。事前調査をせずにありがちなお土産を持って行くと過去の留学生と被ることは多々あります。家に到着して部屋を見渡すと留学生のお土産が多数飾られているのを見るとやや焦ります。一度、日本酒をお土産として持って行ったことがあるのですが、銘柄は違えど、リビングの棚に飾ってあるのを発見しました。しかも、飾りとして使われており、味はお気に召さなかったんだろうなと渡す前に察して残念な思いをしたことがあります。

その際はお土産に本質に戻って、内容で勝負するのではなくて、気持ちでお土産を渡して下さい。結局、どんなお土産でもうれしい物のはずですから。