新紙幣に描かれたメープルリーフは外来種?

昨年、新しくデザインされたカナダの20ドル紙幣が植物学者の間でちょっとした話題となっているそうです。

なぜなら、20ドル紙幣に描かれているメープルリーフがどうやらカナダ原産のメープルリーフ「サトウカエデ」ではなく、ノルウェー原産の「ノルウェーカエデ」というのです。(数字の20の上に描かれているメープルリーフ)

もちろん、カナダの国旗に描かれているメープルリーフは正真正銘「サトウカエデ」がモデルとなっているようです。

カナダ銀行は図案化したものだということで反論しているようですが、植物学者の意見を読むと正論に聞こえます。

デザインした人のうっかりミスでしたね。

参照記事:新紙幣に描かれたメープルリーフは外来種、カナダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください