欧米人の平均体温

日本もすっかり冬に突入し、ずいぶんと寒くなってきましたね。カナダの冬に比べれば、もちろん気温は高いですが、寒い事には変わりありません。

さて、この間、めざましテレビココ調で面白い企画をやっておりました。それは「なぜ外国人は寒い中半袖なのか?」ということです。

全員が全員そういうわけではないですが、確かに薄着の人が多いです。カナダにいた頃も真冬で気温がマイナス20度ぐらいでもダウンジャケットの下は半袖っていう青年がたくさんいました。

日本の職場では様々な人種がいますが、特に欧米人は冷房をがんがん効かせ、冷え性な日本人女性の同僚を困らせております。

冬は「強がりな奴らだ」夏は「暑がりな奴らだ」とその程度にしか思っていなかったのですが、どうやら、平均体温が根本的に私たちと違うようです。

私たち日本人の場合、発熱として考えられている体温は37.1度のようですが、なんと欧米人は38.3度から発熱となっているようです。私たちの場合、38.3度以上になると結構深刻な風邪ですけどね。

ココ調の中で実際に街中を薄着で歩いている白人の人たちに体温をはかってもらうと全員が37度以上で、中には38度で平然と観光している人もいました。

そんな欧米人たちの平均体温は37度前半なのです。私たちからすると常に微熱状態が彼らの平熱なのです。

どうやら、この平熱の違いは食生活の違いではないかとテレビで言っておりました。脂質の高い食事を主体とするため、エネルギーの発熱が大きいのだとか。一方私たちアジア人は炭水化物を中心とした食べ物であるため、平熱が低いらしいです。自分たちの体で常に発熱しているため、外気温が低く、薄着でもある程度の温かさを保てているのでしょう。

 

これで夏場はエアコンの温度をがんがん下げ、冬場は薄着でいられる理由がわかりましたね。

カナダにいる日本人の皆さん、もしカナダ人たちに「おまえらは寒がりだなー」と言われたら、「おまえらとは根本的に平均体温が違うんだ」と教えてあげましょう。

 

※ここで述べる欧米人とは白人種を指し、欧米に住んでいる人を指しているわけではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください