カナダの医療事情

私がカルガリーに滞在しいてる時、アルバータ州の健康保険に加入していました。当時は3ケ月で40ドル?ぐらい払っていた気がしますが、現在は健康保険自体が無料となりました。3ヶ月で40ドルでも安いぐらいなのですが、現在はなんと無料です。これも全てアルバータ州の財政が健全だから成せる業ですね。

さらに驚くべきは健康保険に加入していれば、診察料も無料であること。病院に行って健康保険を見せて、診察後は処方箋がなければそのまま帰宅となります。

日本の病院では診察後に診察料を払うため、待合室で待つ必要がありましたが、それはありません。

病院に行ってお金一切払わずに帰宅することにすごい違和感があったのを覚えております。

しかしながら、良いことばかりではありません。

通常の病院であると3、4時間待つのは当たり前なんです。基本的には予約順なのですが、例外として病状が深刻な人が優先されることになっています。受付で予約をすると看護師の方が問診をします。単なる風邪と判断されれば、順番の後ろへ、その他深刻な病状と判断されると先の順番へと回されます。

私は風邪で38度ぐらいあり、診察を受けに行ったのですが、3、4時間待たされてかなりしんどい思いをしたのを覚えております。ところが、持病の不整脈で診察を受けに行った時は10分ぐらいしか待たされませんでした。この仕組みには良し悪しがありますね。

ちなみに不整脈の時、通常の病院では限界があるということですぐに専門医を紹介してくれました。大学病院みたいなところで専門医が色々と親切に診察、検査してくれますが、それも診察料が無料だったことにはすごい驚きましたね。

そういうこともあってカナダではファミリードクターと言うのを持つのが当たり前となっています。掛かりつけのお医者さんってやつです。ファミリードクターであれば予約を入れて診察を受けることもできますし、掛かりつけの医者なのでどの薬が効いて、どの薬がアレルギー持ちでみたいなことも全部わかってくれるんですね。掛かりつけの医者に手に負えない病状は専門医へとなります。

ホームステイをしている人であれば、ホストファミリーがファミリードクターを持っているはずなので、ホームステイ先で万が一風邪をひいてしまった場合は、お願いすると良いでしょう。

 

参考URL:
アルバータ州健康保険 – カナダ留学ノススメ
カルガリーの医療、病院事情 – カナダ留学ノススメ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください