カナダ・カルガリーで航空券

片道航空券しかない場合やカナダ滞在中に旅行する際、カナダの旅行代理店を経由して航空券を購入する事があると思います。日本は航空券が安い方であるため、カナダで購入する際は高く感じるかもしれません。旅行代理店の店舗数も少ないですし、オンラインの航空券販売サイトも少ないです。

2016年にアメリカとキューバの国交が回復しましたが、アメリカからキューバへ旅行できるようになるにはまだまだ時間がかかるでしょう。日本からだとキューバへ行くにはアメリカーメキシコーキューバと不便ですが、カナダからは直行便が出ています。カナダ滞在中にぜひ訪れたい国の一つですね。

カナダの大手旅行代理店

街中にもよく見かけるオーストラリア発の大手旅行代理店。エア・カナダとコネクションが強いようでエア・カナダのチケットは結構安く買えます。

FLIGHT CENTRE と名前が似ていますが、こちらはカナダオリジナルの旅行代理店です。

学生割引があります。国際学生証お持ちの方はオススメです。もちろん国際学生証なしでも学校の学生証があればOKです。

日系旅行代理店

日本語で安心しながら旅行、航空券の予約をしたいという方にはカナダ国内に店舗を持つ日系の旅行代理店もあります。

日本最大手の旅行代理店の1つであるH.I.Sのカナダ支店。バンクーバーとトロントに支店があります。カナダの様々な都市発の航空券を取り扱っていますので、カルガリー発ももちろんあります。

バンクーバーとトロントに店舗をもち、カナダ発着の様々な航空券を取り扱っています。

バンクーバーとトロントに店舗をもち、カナダ発着の航空券、カナダ国内、アメリカへのパッケージツアーなどカナダ滞在の日本人向けの旅行代理店です。

バンクーバー拠点の旅行代理店。アメリカに複数の支店を持っています。カルガリー発の航空券も取り扱っています。

カルガリー唯一の日系旅行代理店。エドモントンにも支店があります。

シートセール

Seat Sales

日本ではあまり耳にしたことがない言葉「シートセール」。洋服とかのセールは聞いたことあるのですが、航空券のセールってなんだろう?って最初思いました。何かしらの理由で空席の目立つ便の座席を割引いて販売するプロモーションです。当然数に限りがあり、早いもの勝ちなので、見つけたら要予約です。基本的にオフシーズンに多発しますが、頻度、価格などランダムです。

カナダの航空会社

カナダの大手航空会社と言えばフラッグ・キャリアであるエア・カナダ。日本では日本航空・全日空の二強となっていますが、カナダはエア・カナダの一強状態です。二番手の航空会社はカルガリーに拠点を置くLCC(格安航空会社)のウエストジェットです。ウェストジェットは国内線はもちろん、北米、中米を網羅します。ヨーロッパはイギリス(グラスゴー、ロンドン)とアイルランドのみとなります。モントリオールを拠点とするエア・トランザットは中米、ヨーロッパ便が強く、主要都市はほとんど網羅しています。

カナダ国内の移動を安く済ませようと思うのであれば、ウエストジェットを利用すると良いでしょう。カナダから中米カリブ海やヨーロッパを旅行するのであれば、ウエストジェットかエア・トランザットがリーズナブルだと思います。これら二社は格安航空会社なので、公式サイトから航空券を購入しても安いです。

カナダのフラッグ・キャリア。国内線、国際線を網羅。トロント、モントリオール、カルガリー、バンクーバーをハブとしています。全日空とコードシェア便を運航しています。

カナダ国内において第二の航空会社であるLCC。カルガリーに本部を置き、カルガリー・トロントをハブとしています。国内主要都市はもちろん北米・中米へ就航。

カナダの主要航空会社の一つで中米のみならずヨーロッパ方面の国際線を数多く運航。トロント・モントリオールをハブとしています。

Air Transat 体験談

カナダ留学中にドイツへ旅行したのですが、その際に Air Transat を利用しました。エアカナダより断然安い上、片道航空券を前提として航空券を販売しているため、往路・復路で発着地が異なる(カルガリー発フランクフルト着、ミュンヘン発カルガリー着)航空券の予約も可能です。サポートの電話対応もとても良いです。格安航空会社らしい柔軟性があり、自由な旅行を計画する人にはとても便利な航空会社です。