復路破棄・キャンセル

FIX型の格安航空券がなぜ長期留学の人にもお勧めかというと、「復路破棄」という裏技があるからです。長期留学の方の場合、オープンチケットか片道航空券を購入するのが一般的だと思います。しかし、いずれも格安航空券よりも値段が高いです。よって、格安航空券を購入して復路を破棄するのが長期の人にとっては一番経済的な方法となるわけです。但し、この復路破棄は問題があって、決して表立って推奨できる手段ではありません。格安航空券は復路も乗ることが前提となった価格で、約束違反になってしまいます。しかし、違反したからと言って何かお咎めがあるわけでもありません。

旅行代理店によってはこの復路破棄を非常に嫌っています。どうやら旅行代理店が航空会社から何らかのお咎めがあるようです。しかし、ある旅行代理店では購入する際に、復路破棄の希望を伝えるとそれを了承した上で航空券を販売してくれると聞いたことがありますが、ごく稀であると思います。

旅行業約款

あまり目を通すことのない約款(やっかん)ですが某代理店の約款にはこのように記載ありました。(以下、某代理店約款より一部引用)

往復用航空券は、予約通りの往復利用が代金適用の条件となります。FIX 往復航空券の場合は、復路を現地で変更することはできません。また、事前に航空会社の承認を得ることなく片道のみ使用した場合は、航空会社から片道普通航空運賃との差額を徴収させていただきます。

と記載があります。チケットを購入する際は、この約款に同意の上となりますので、仮に復路を利用しなかった場合は、航空会社からいくらか請求されるとあります。正直言って、理解しがたい一方的な条項ですが、この約款を読む限り、航空会社に一報入れれば、良いとも受け取れますよね。Aさんの場合、チケット購入後に送られてきた某代理店からのメールが問題でした。(以下、メールより一部引用)

往復航空券をご購入の場合での復路便のキャンセルはできません。なお、キャンセルされた場合は別途料金を徴収させていただきます。

これはまた話が違います。キャンセルができないと断言しています。また代理店側が別途料金を徴収すると記載しています。これに関してはAさんが旅行代理店に直接問い合わせをし、以下のような言い回しで、その事実の有無を問いただした所、以下のような回答がありました。

Aさん:

病気や事故などで止むを得ず予定した復路に搭乗できなかった場合もこのような罰則を購入者に対して課すのですか?いかなる場合があっても日程変更ができない、保証がないのが格安航空券のデメリットですよね?しかも購入後にこのようなことを言うのはおかしくはないでしょうか?購入前の約款に記載ないですよ?

某代理店担当者:

その記述は間違いです。至急訂正させて頂きます。そのようなことはございません。(以降意味のわからぬ言い訳をしていました。)

Aさん:

電話でのやり取りだと言った言わないがあるので、メールにて訂正した文章送って頂けないでしょうか?

と言うことで無事一見落着したようです。結論ですがこれは約款や代理店との約束事となるので、各々ケースがあると思いますが、復路をキャンセルする場合は、航空会社には必ず一報を入れておきましょう。そうすれば、航空会社としても空席を有効活用できて良いはずですから。兎にも角にも、代理店も航空会社も利用者も不快なことが起きないようにするために、ルールをしっかりと守りましょう。

カナダで復路購入

格安航空券を購入して、仮に復路をキャンセルした場合、帰国の際の航空券はいったいいくらなの?ってことになりますよね。日本では片道航空券が結構高い値段で売られていますが、カルガリーでの相場を見る限り、日本への片道航空券は約$750~(税抜)からあります。よく調べていないので、もっと安いのがあるのかもしれませんが、いずれにせよ、そんなに高い値段ではありません。格安航空券を約6万円~で購入し、復路を破棄して、帰国便をこちらで約7万円~で購入すると計13万円~度となります。値段はオープンよりは安いと思いますし、復路便は帰国の際に購入すれば良いので期限に縛られることもありません。但し、シーズンによって航空券の価格が高騰するので要注意です。夏とクリスマスはそれなりに倍近く値段が高騰し、満席になる可能性もあります。