燃油サーチャージ

燃料価格が高騰した時、航空会社が料金設定時の運賃で燃料代を賄えない時に追加で徴収するために始まったのが燃油サーチャージです。2008年から燃油サーチャージを含んだ総額の表示をするようになったため、航空券を購入した際には海外諸税、現地空港勢などと合わせて徴収されるため、燃油サーチャージがいくらなのかはわかりません。各旅行代理店などで航空会社別の燃油サーチャージ料金をホームページ上で公開しています。燃油サーチャージは原油価格や為替に影響を受けるため、数ヶ月おきに徴収される金額は更新されます。

異なる燃油サーチャージ

燃油サーチャージは航空会社によって異なります。全く請求しない航空会社もあれば何万円も徴収する航空会社もあります。2016年現在、原油価格が低調なため、多くの航空会社は燃油サーチャージは徴収しませんが、それでも数千円請求している航空会社が一部あります。

HIS | 燃油サーチャージのご案内
エイビーロード| 燃油サーチャージとは?
フリーバード | 燃油サーチャージ(特別付加運賃)額一覧