カルガリーで一人暮らし

ルームメイトとの暮らしに疲れた、多少お金を払ってでも自分一人でゆっくりしたい。。。という方はアパートでの一人暮らしとなります。しかし、オイル景気による人口増、家賃上昇により、空室を見つけるのが困難なのと、家賃がどんどん高くなったので、一人暮らしは極めて贅沢なものになりつつあります。

アパートの家賃には基本的に光熱費(電気・水道・ガス)は含まれていますが、場所よって光熱費のいずれかが別途支払いの所もあります。基本的に家賃以外に必要になるのはケーブルテレビ、インターネット、電話代等です。ほとんどのアパートにはコインランドリーが設置されているので、洗濯はコインランドリー(有料)を利用することになります。電気コンロ、オーブン、冷蔵庫は基本的にどこのアパートも備え付けなので購入する必要はありません。

間取り表記

日本では間取りを1R、1LDK、2LDK、3LDKなどと表記しますが、こちらはBachelor Suite、Studio Suite、1BR、2BR、3BRなどと表記します。Bachelor、Studioは1Rと思って下さい。ただし、1Rと言っても日本のアパートみたいな小部屋ではありません。50㎡ぐらいはあると思って下さい。1BRは1LDK(DKタイプは少ない)。BRはBed Room(寝室)を意味しています。いくつ寝室があるかということです。私が借りた1BRは75㎡ぐらいあり、日本では考えられない嘘みたいにだだっ広い1LDKでした。

2BRや3BRは恋人、夫婦、家族向けと思うかもしれませんが、こちらでは一人で借りて空いている寝室を人に貸(ルームシェア)すことも多いです。但し、大家によってはルームシェアを禁じている場合もあるので注意が必要です。

カルガリーでアパート探し

カルガリーでアパートを探す場合、2 通りあります。人が借りていたの部屋を引き継ぐか、新たに自分で探し出すかです。人が借りていた部屋を引き継ぐ場合、家具等がほとんど揃っているため、出費が少なくすみますが、永遠とそれが繰り返されている部屋だとカーペットや壁が汚ないままだったりもします。万が一、自分が退去する際に引き継ぐ相手が見つからなかった場合、それらの積年の修理費を負担することとなります。

探し方ですが、住みたい場所が決まっている場合はとにかくその周辺のアパートに「Room for Rent」の看板が出ているかを探します。看板を見つけたら、連絡先に電話してアポを取ります。もしくはインターネット・フリーペーパーなどで物件を探して不動産に電話します。日本の不動産屋みたいに賃貸を取り扱っている店舗は見たことがありません。皆それぞれがオーナーとして個々に広告を出している模様です。インターネットやフリーペーパーに掲載されている物件は必ずしも空室とは限らないので、必ず電話して確認してみて下さい。

外国人が部屋を借りる難しさ

多民族国家であるカナダでも留学生・ワーキングホリデーの人に部屋を貸すのを嫌がる不動産オーナーはいます。単純な人種差別もあれば、外国人に部屋を貸すことに抵抗がある人、もしくは短期間しか滞在しないからなど理由は様々です。

私はカルガリーで部屋探しをした際、何件もの不動産に電話で断られましたし、中には非常に不快な思いをさせられた不動産もあります。家主にとっては見ず知らずの人間に部屋を貸すわけであり、それが尚且つ異国の人となれば、貸し渋るのは止むを得ないことだと私は思います。善意ある不動産オーナーがある留学生やワーキングホリデー利用者に部屋を貸したが、ひどく汚されたり、支払いが滞ったりしたら、それを機にそのオーナーは外国人に貸すことを渋り始めるでしょう。私が最終的に借りたアパートでは「日本人なら大丈夫ね。中国人、韓国人は期日どおりに家賃を支払わないのが多くて嫌だわ。」と話ししていました。

このような仕組みから最終的に留学生・ワーキングホリデー利用者は同じアパートに集まるようになっています。

アパート探し情報サイト

オンライン情報サイトでもカルガリーの空き部屋を探す事ができますが、日本の不動産情報サイトのような作り込まれたサイトはありません。また、情報が最新ではない場合があるので、あまり期待せずにとりあえず電話で問い合わせてみましょう。

カナダ全域の物件が掲載されています。

カルガリー、エドモントンの物件を中心に掲載しているサイトです。

カナダ全域の物件を掲載しています。

賃貸契約

主に月契約、半年契約、1年契約とあります。ほとんどのアパートが半年契約、ないし1年契約となります。契約した期間は必ず滞在しないとだめということです。契約期間以降は基本的に月契約へと移行します。よって、滞在予定が1年未満なのに1年契約すると違約金などが発生する可能性がありますので、契約する際にはこの賃貸期間をよく確認しましょう。

やむを得ず、契約期間内に退去する場合は、引き継ぐ相手を見つけられれば、その人にその契約を引き継いでもらうことも可能です。しかし、これは大家次第ですので、契約期間には注意して下さい。

契約期間が長い場合の利点は、その契約期間内は賃上げが発生しないことです。私がカルガリーでアパート生活していた時は半年契約だったのですが、ちょうどオイル景気に湧き始めた頃で、半年ごとに家賃を$50近く上げられて泣きそうでした。

賃上げ

日本では滞在中に家賃が上がるということはあまり耳にしませんが、カナダでは結構あります。私が留学していた当時はアルバータ州の法律では半年に1回の賃上げを認められているため、半年契約でアパートを借りている場合、年に2回賃上げをされる可能性がありましたし、実際に半年ごとに賃上げされて悲鳴をあげていました。しかし、2007年に法律が改正されて賃上げは年1回までとされています。

賃上げをする場合は90日前に事前通達することが義務付けられているため、賃上げの通達を受け取った後、その賃上げに不服な場合は、管理会社と交渉するなり、他を探すこととなります。しかし、最近は不動産の方が力が強いため、借主側に交渉の余地はないことが多いです。私も留学生で金がないから勘弁してくれと泣きついたのですが、他に借りたいと待っている人がたくさんいるから出て行っても構わないの一言で一蹴されました。。。

家具探し

カルガリーの賃貸の場合、電気コンロ、冷蔵庫、暖房は備え付けなので買う必要はありません。洗濯機もアパートの場合は地下にコインランドリーがあるので不要です。寝具、机などの家具は自分で揃えなくてはいけないのですが、これが大変です。特に車がないとどうにもなりません。留学生・ワーキングホリデーの人がよく利用する方法はクラシファイドなどを利用して中古品を揃える事です。中古品の見つけ方ですが、ダウンタウン内にある大きなアパートだとコインランドリー等にある掲示板に中古品の売出しが出ているので、それをまめにチェックしたり、スーパーや学校の掲示板を見ることとなります。またその他、カナダ人ご用達のクラシファイドがあるので、それを利用すると様々な中古品を見つけることが可能でしょう。

Kijiji

カナダのクラシファイド。写真掲載の品も多く、掘り出し物が結構あります。連絡はメールか電話です。掲載無料です。私は帰国する際、Kijijiを利用して家具を売り払いました。

e-maple - クラシファイド

カナダで暮らす日本人のためのクラシファイド。日本人留学生・ワーキングホリデーの人が帰国の際などに不要になったものを売りに出します。不定期なのでまめにチェックして下さい。

IKEA

日本でもすっかりお馴染みとなったIKEAはカルガリーにもあります。CTrain Chinook駅からバス#73(帰り#72)で10分弱と車がない人には不自由な場所にあります。行くなら車を持っている友人にお願いして連れて行ってもらいましょう。ちなみに英語の発音だと「イケア」ではなくて「アイケア」になります。

8000 11 St SE, Calgary
Mon - Sat 10:00 - 21:00 Sun 10:00 - 18:00