カルガリーでホームステイ

短期留学の人は短い期間で海外生活を満喫する上ではホームステイが最良の選択肢になると思います。また長期留学を考えている人も最初の数ヶ月ぐらいはホームステイをするのが良いのではないでしょうか。慣れない海外生活を始める上で、ホストファミリーの存在は非常に心強いでしょう。ホームステイ後、ルームシェアなどの生活を始めた人でもかつてのホームステイ先を実家のように利用している人もいます。

また語学学校では先生以外からネイティブの英語を聞くことはありませんが、ホームステイ先では気兼ねなく、英会話の練習を兼ねたコミュニケーションをとることができます。

ホームステイの料金は4週間で約750ドル、1日3食付となります。その他に紹介料みたいなものが約100ドル取られます。ホームステイを依頼する際に様々な要望が出せるので、この要望は遠慮せずにちゃんと出しておきましょう。

ホームステイ先の探し方

基本的には利用する留学エージェントがホームステイ先を見つけてくれると思います。留学エージェント自体がホームステイ先のリストを抱えているところもあれば、どこかに委託する場合もあります。委託された場合、自分の希望が通りづらいと考えて下さい。カルガリーにある留学エージェント、サクセスカナダHomestay Calgary と提携しています。

University of Calgary の語学学校であれば、大学側がホームステイ先の紹介も行っています。大学が紹介するホームステイ先なので安心できると思います。カルガリー大学付属の語学学校に留学予定の方は問い合わせてみると良いでしょう。

Homestay with a Canadian Family | English Language Program | University of Calgary

Homestay Calgary

ホームステイのコーディネーターがカルガリー空港まで迎えに来てくれます。到着時に登録料として約$100(空港送迎含む)を支払います。滞在費は$188/週、または$750/月となります。月々の支払いは滞在先のホストマザーへ直接支払います。

カナダ・クラシファイド by e-Maple

e-Mapleはカナダ留学生・ワーキングホリデーの人に有名な情報交換サイトです。住んでいる人が退去時に引き継ぎとして広告を出している事も多く、その人から直接詳しい内容が直接聞けると思います。

ホームステイ体験談

私は Homestay Calgary を利用したのですが、残念ながらハズレでした。事前にとても評判の良いという噂で言ったのですが、実際は厳格なルールが多いとんでも家庭で、ルームメイトの韓国人といつも愚痴っていました。私は外れを引きましたが、ホームステイ後もホームパーティに参加するほどホストファミリーと仲良くしている人もいました。このようにホームステイは当たり外れがつきものです。万が一、合わない時は遠慮なく変更の意思を表示することが大切だと思います。

ちなみにアメリカに留学した際、ホームステイを2回利用した事があるのですが、1回目がフィリピンから移民家庭で学校から凄く遠くイマイチでした。2回目は理想のホームステイ先でこれぞホームステイと言える素晴らしい時間でした。ホストファミリーはもちろんルームメイトも重要な要素となります。ホームステイは本当に滞在先次第、運次第です。

ホームステイ先へのリクエスト

楽しいホームステイ生活を過ごす上で要望・希望は遠慮せずにどんどんと出した方がよいと思います。そして自分が理想とするホームステイ先が見つからない場合は根気よく交渉しましょう。但し、繁忙期(夏休み期間)などは希望とするホームステイ先が見つかるとは限りません。滞在し始めてからクレームを言うとますます過ごしにくくなるため、事前にエージェントを通してしっかりと伝えて下さい。

  • 交通の便(学校から近いかなど)
  • 子供のあり/なし 「あり」の場合、その子供の年齢幅
  • ペットのあり/なし(アレルギーある方は)
  • 他の人との部屋の共有のあり/なし
  • インターネット環境のあり/なり(自分の部屋にネットができる環境があるかも問う。)
  • 食べ物のアレルギーがある方は事前に伝える

ホームステイの食生活

食事はホームステイ先によって様々です。残念ながら、カナダをはじめ、北米の食文化は極めて乏しいので、日本食をこよなく愛する人にとって満足いく食生活を送るのは難しいと思います。悪い例ですと冷凍食品は当たり前、何日間が連続して同じ食事が出る、昼食の弁当は毎日同じサンドウィッチ、白飯はなくずっとポテトと枚挙に暇がありません。加えて量が多く、高カロリーな物が多いです。男性は食生活が合わず体重が減り、女性は嫌でも食べ続けたら体重が増えたというのはカナダあるあるです。とにかくホームステイでは食生活に気につけて下さい。食生活は留学・ワーキングホリデー生活を楽しむ上で重要なポイントです。

日本食をこよなく愛する人にはホームステイの食事付はむしろ苦痛かもしれません。月日が経つにつれ間違いなく日本食が恋しくなることでしょう。私は20代前半の時は毎日ハンバーガーでも大丈夫だったのですが、20代後半にもなってくなると順応性がなくなるのか、好みが固定されるのか、脂質の多い食事が苦痛に感じました。そんな人は ルームメイト を見つけて自炊することをオススメします。