カナダの病院事情

日本の病院は主に近所にある町医者、そして総合病院や大学病院となっています。カナダも似てはいるのですが、少し仕組みが異なります。カナダの病院は主に3つのカテゴリーに分類されます。

ウォーク・イン・クリニック

Walk in Clinic

総合病院のような場所です。予約要らずで診察可能です。移民たちが多く利用するため診察までに長時間待たされます。ファミリードクターがいない私たち留学生やワーキングホリデーの方たちはここが主な診察所となります。ホームステイしている場合、ホストファミリーによってはファミリードクターを紹介してくれる可能性もあります。

ファミリー・ドクター

Family Doctor

カナダ人の多くは掛かりつけの専属医を持っています。日本で言うところの街医者に当たるのですが、日本と異なりファミリードクターは指定した患者しか診療しません。そのため、ファミリードクターになってもらうために事前登録が必要です。誰でも受け入れるわけではなく、ある一定の患者数以上は新規登録を受け付けないファミリードクターもいますので注意して下さい。ファミリードクターのメリットは患者と長い付き合いになるため、アレルギーや薬の副作用など自分の患者に対しての理解が深くなる事です。

専門医

Specialist

ウォーク・イン・クリニックやファミリー・ドクターでは診察、診療が不可能な深刻な病状と判断された場合、専門医による診察を推奨されます。日本の大学病院と同じように紹介状が必要なります。私は不整脈が疑われた際、専門医による診察を勧められ、その際は専門医にお世話になりました。

カナダの医療事情

カナダの医療制度は整っていると評判です。確かに「制度」は整っており、アルバータ州では州政府健康保険に加入すれば一切の診療費はかかりません。日本では病院の窓口で2割負担しますが、アルバータ州では患者負担ゼロです。私は診察後、受付で支払いを待ってしまう習慣が抜けませんでした。

しかし、カナダでは慢性的に医者不足が問題です。これは多くのカナダ人の医者がより高い給与と医療技術を求めてアメリカへ渡ってしまうのが原因だそうです。また、国として全体的に医者不足なのですが、さらにカナダ国内でも大都市に医者が集中するため、中小都市の医者不足はより一層深刻なものとなっています。そのため、通常の病・怪我であれば、ウォーク・イン・クリニックで診察してもらうには3~4時間待つのは当たり前です。

病院での待ち時間

ウォーク・イン・クリニックのように予約ができない病院では何時間も待たされるのは当たり前です。また受付順に診察するのではなく、病状が重い人が優先されるようになっています。この優先順位のつけ方ですが、看護婦が問診を行い病状を判断します。私はインフルエンザで39度近い熱が出た事がありますが、それでも3、4時間待たされました。同じ熱でも幼児であれば優先されますし、成人であると後回しにされます。しかし、不整脈の疑いがあった時は10分と待たずに診察してくれました。

病院の待ち時間に関する話題は移民や留学生には定番の話題で、「昨日何時間待たされた」「病院を何件回った」などは頻繁に耳にします。救急患者で手術を受けるのに半日、複雑骨折の手術を受けるのに1週間待ちとか、とにかくひどいです。

狙い目の診察時間

Walk in Clinic は朝から晩まで混んでいるため、かなりの時間待たされることがあります。しかし、少しでも郊外から外れるだけで病院の混み方も非常に変わるので、ダウンタウン周辺の病院よりも郊外を狙って来診した方が良いかもしれません。病院が24時間対応であるのであれば早朝がねらい目です。

ファミリードクターの探し方

カナダへ長期留学する方はご自分のファミリドクターを持っておいた方が良いと思います。カナダ人の友人や、ホームステイ先などで良いファミリードクターを紹介してくれるような人がいるのであれば、それが一番良い見つけ方かもしれません。そうでない場合は、 Calgary and Area Find a Doctor で探す事が可能です。新規の受付を行っている医者などがすぐにわかるようになっています。医者の対応言語別の検索も可能なのですが、日本語の話せる医師はカルガリーにいません。病院を訪れる際は辞書を必ず携帯して下さいね。日本の医者と違って患者と向き合ってきちんと会話してくれる医者がほとんどです。わからない時は遠慮なく質問しましょう。

Calgary and Area Find a Doctor