カナダでiPhoneを使う

カナダに限らずiPhoneを海外で利用する際、うっかり放置しておくと勝手にローミングをし、知らない内にデータ通信を始めるかもしれません。現在、各キャリアとも海外の使い放題を提供しているため、1日980円が上限とされていますが、それでも不要な請求は避けたいところです。渡航の際、飛行機に搭乗したら以下の設定を確認し、そして必要あれば変更して下さい。

通常、ローミングサービスは自動的に付帯されたサービスです。海外では絶対に使いたくないという人はそれぞれのショップでローミングサービスを停止してもらって下さい。

SIMロック

ドコモ、ソフトバンク、au から購入したiPhoneはSIMロックがかかっています。SIMロックというのはそのiPhoneが購入元のキャリア以外のSIMカードを使えないようにすることです。つまり、カナダで Telus や Fido などと契約し、SIMカードを差し替えても使えません。各キャリアから購入した iPhone をカナダで使うにはSIMロックを解除しないといけません。しかし、このSIMロック解除に対応しているiPhoneはiPhone6s/6s Plus以降に発売されたものに限られます。詳細は以下のページを参考にして下さい。これからiPhoneの購入を考えている人はアップルストアでSIMフリーのiPhoneを購入することをお勧めします。廉価版であるiPhoneSEであれば、5万円以内で購入可能です。

SIMロック解除したスマートフォンをカナダで利用する | カナダ留学ノススメ

カナダでiPhoneを購入

カナダでiPhoneを購入することはもちろん可能です。日本と同じようにTelusやFidoのような各キャリアから購入することができます。また、複数年の契約をすることによってスマートフォン端末代金が安くなることも一緒です。大学・カレッジ留学の人であれば複数年契約も考えられますが、ワーキングホリデーの人のように滞在が1年前後の人は複数年契約をすると違約金など面倒なことになるため、オススメはいたしません。

また、日本と同じようにTelusやFidoのような各キャリアから購入した場合、そのiPhoneはSIMロックされています。カナダの各キャリアの場合、90日以上利用すればSIMロック解除は可能です(その他、いくつか条件あり)。SIMロック解除忘れて日本に持ち帰ると利用来ないので、必ず帰国前、解約前にSIMロック解除をしてもらって下さい。

カナダのアップルストアで購入することも可能です。アップルは為替による価格差調整を頻繁に行い、国による価格差をできる限りなくすようにしています。しかし、その時その時で日本で買った方が得ない場合もあれば、海外で買った方が得な場合もあったりします。どっちで買った方が得なのか、確認しておくと良いかもしれません。

Apple (日本)
Apple (Canada)