銀行口座開設

ワーホリの方は特にそうなのですが、カナダでの銀行口座開設は必須と思います。給料を小切手でもらう場合は、小切手のまま銀行に預金することも可能となります。しかし、そうではなく、小切手を現金に換えようとすると発行元の銀行でない場合は、数%の手数料を取られることになり、損をします。

長期留学の方も日本から送金をしてもらう際には必須だと思いますし、長く生活するとカナダの銀行口座がないと不便を感じるでしょう。特に買い物の時ですが、クレジットカードは受け付けておらず、デビットカードのみという小さなお店がたくさんあります。あるアパートでは家賃の支払いはデビットカードかマネーオーダーのみで現金する受け付けない場合もあります。

カナダの銀行口座開設方法ですが、留学生・ワーホリの方は最寄の支店にて銀行口座開設を行って下さい。基本的に事前に予約する必要がありますので、サービス窓口に行って、Hello, I'd like to open my new bank account. とでも言って下さい。暇であればすぐに口座開設の手続きをしてくれるでしょうし、そうでない場合は後日となります。ちなみにその場でいくらかお金を預金すれば、すぐに仮カードも発行してくれます。

口座開設に必要な物

  • 写真付身分証明書1枚(パスポート、運転免許証)
  • その他各種身分証明書1枚(健康保険証、クレジットカード等)
  • 現住所の確認ができる物(公共料金領収証や、学校からの手紙等)1通

カナダの大手銀行

カナダの大手銀行は以下の5つになります。カナダ国内の時価総額の順番で左から並べてみました。これら5つ銀行はBig Fiveと呼ばれています。これら5行のうち一体どの銀行で口座を開くのが良いのか検討したのですが、結論から言うと最寄の銀行が一番良いということになりました。各銀行、細かく口座の種類を分けてサービズを提供しているのですが、その内容に大差はありません。どこかのサービスが得だということもないので、自分の生活にとって利便性の良い場所で開設することが良いと思います。国内の支店数だとTD Canada Trust が2600と圧倒的です。

大手5行はいずれもトロントに本社を置いています。これら5行以外にもバンクーバーに本社を置くHSBC Bank Canada、エドモントンに本社を置くATB FinanceCanadian Western Bank などもありますが、大手5行と比べるとその規模は劣ります。

Scotiabank

支店数:1,040

BMO

支店数:920

CIBC

支店数:1,100

口座の種類

カナダの銀行ではいくつか口座の種類を持ち合わせており、それによって細かなサービスの内容が異なります。口座維持費が安い物を選ぶと 口座維持最低限度額が低く設定されておりますが、ATMの無料利用回数や様々なサービスの利用限度回数が少なかったりします。学生の場合は、学生専用の割安な口座があるので、留学生の方は学生用口座を開くと良いでしょう。

Checking or Saving Account

ATMでお金を引き出す際にも聞かれるこの Cheking Account と Saving Account。Checking Accountは当座預金に似たものですが、これが日本で言うところの普通預金にあたります。小切手の使用も可能です。Saving Account は定期預金のようなものです。通常より利息が高い分、口座維持手数料が高かったります。

日本の銀行で普段使っているようにお金を預けて、必要なときにATMから引き出してという使い道を考えている人は Checking Account(またはCHQ) で大丈夫です。

各種手数料

カナダの銀行の多くは基本的に口座維持手数料を取ります。契約する口座の種類によってその維持費も様々ですが、約$3.5~となります。 但し、預金残高が規定以上の場合は口座維持手数料無料となります。ATMの無料引き出し回数も契約する口座の種類によって異なり、より良い口座を選択すれば、無制限で無料引き出し可能ですが、その分、維持費が 高くなったり、預金残高の条件が厳しくなります。一番リーズナブルな口座を選んでもよっぽど頻繁にお金を引き出さない限りは、制限を越えることはないと思います。