デビットカード

Debit card

デビットカードは預金口座からの即時決済です。暗証番号の入力のみでサインの必要がありません。カナダでは現金よりも一般的に利用される支払い方法です。スーパー等の混雑したレジでも非常に簡単に買い物をする事ができます。クレジットカードの場合は小さなお店では取り扱っていない事が多いですが、デビットカードの場合はほとんどのお店で取扱があります。

カナダにて銀行の口座開設をした場合は、キャッシュカードに必ずデビッドカードの機能が付いています。デビットカードを利用してショッピングをするとクレジットカードと違い即座に口座からお金が引き落とされるため、クレジットカードの事後請求が苦手な人にも向いています。

デビットカード利用方法

利用方法はとても簡単です。レストラン、パブなどでは支払い金額確認後、チップをいくら払うかと聞くところがあるので、払う場合は、払う金額を押して「OK」となります。

  1. スーパーなどのレジにあるカード読み取り機でカードをスキャンします。
  2. 支払い金額を確認ます。
  3. 問題なければ「OK」ボタンを押します。
  4. 支払い口座の種類を選びます。Checking Accountであれば「CHQ」を選択します。
  5. 次に4桁のPINナンバーを押して終わり。

カード犯罪・スキミング

私が留学していたときに周辺で被害にあったというような話は聞いていませんが、カナダでも結構有名な犯罪のようで、特にデビットカードは狙われるようです。その方法も多種多様で、こうすれば絶対大丈夫ってことはないようです。私自身心がけるのは、なるべく小さな変なお店ではカードは使わないことですかね。後、まめにオンラインバンキングで自分の残高の動向をチェックするぐらいでしょうか。

カナダの銀行、例えば TD Canada Trust では被害を抑えるために1日の取引限度額(私の口座は引き出し$500、デビット$1000)が決まっております。見覚えない利用があった場合はすぐに電話して対応しましょう。

ちなみに私は日本でクレジットカードがスキミングされました。クレジットカード会社が即座に異常を検知して私に連絡をくれたため、被害はありませんでしたが、利用しているクレジットカードは即座に無効とされました。私がある晩に利用したクレジットカードがその翌日にはオーストラリアで大量のショッピングを行おうとしていたため、異常と判断したようです。