留学エージェント

留学をする場合、全ての手配を自分で行うのは大変だと思います。多くの方が留学エージェント(留学センター、留学斡旋業者)を利用し留学手続きの代理手配をお願いすると思います。現在、日本、カナダには数多くの留学エージェントが乱立しており、どこを利用すれば良いのか悩むことと思います。どの留学エージェントが良いのかはもちろん皆さんの好みだと思います。賢い留学エージェントの利用方法、日本の留学エージェントとカナダの留学エージェントの違いを述べていきます。

留学エージェントの違い

日本にある留学エージェント

日本の留学エージェントを実際に利用していないので現状はわかりませんが、2008年に留学生をどん底に陥れたゲートウェイ21の事件の様なこともあるので、気をつけないといけません。カナダにある留学エージェントと違って、直接カウンセラーと相談ができるという点で安心、便利という利点があります。しかし、相談は無料でもいざ手続きとなると有料ということが多いです。

大手留学エージェントであれば、カナダにもオフィスを持っているかもしれませんが、そうではない留学エージェントがほとんどであり、日本のオフィスは単なる窓口で実務はカナダにある留学エージェントに委託しているだけという形式もあります。留学後もカナダでの生活で色々と困ることがあるでしょうから、留学後のサービスを考えるとカナダにオフィスをもつ留学エージェントを見つけることが大切です。

All About | 留学エージェントのゲートウェイ21が破綻

カナダにある留学エージェント

カナダにオフィスを構える現地留学エージェントの多くはほとんどは手数料を取ることはせず、基本的なサービス(学校手配等)は全て無料で行ってくれます。これは生徒を学校に紹介することによって学校側から受け取る手数料があるからです。最近は日本にある留学エージェントもこの形式を取っていることが多いです。日本にある留学エージェントと違って、直接カウンセラーに会って相談することはできませんが、電話やメールを通じてコミュニケーションをはかることもできるのでそんなに不安になることはありません。

滞在する都市がバンクーバー、トロント、カルガリー等の大都市であれば恐らく日系留学エージェントは存在します。実際、バンクーバー、トロントなどは相当数あります。とにかく便利なのが留学後も相談に乗ってくれることです。日本滞在時には遠くに感じた存在も留学後は一番頼れる存在になると思います。そういう点からも利用するならば間違いなくカナダの留学エージェントでしょう。

私の場合、カルガリーへの留学であったため、カルガリーにある留学エージェントというと、サクセスカナダ留学センターぐらしかなかったので、サクセスカナダ留学センターに直接お願いしましたが、非常に親切であり、大変お世話になりました。

サクセスカナダ留学センター

留学エージェントの利用方法

事前の情報収集

留学エージェントを利用する前にしておかなくてはいけないことは自分で情報収集することです。インターネットが普及している現在において、自分で情報収集をすることは決して困難なことではありません。Googleで検索すれば必要な情報はたくさん得られるでしょう。また、書店に行けば留学に関する本もたくさんあります。調べているうちに自分の求める留学像が出来てくると思います。

的を絞って質問

ただ漠然と留学がしたいからと留学エージェントへ赴き、「カナダ留学したいんですけど。。。」と伝えても、相談された側は少し困るかもしれません。またその留学エージェントが悪い人だったら、あなたの無知を利用してあの手この手で誘惑し、高額な留学を紹介してくるかもしれません。空き時間などを利用して、インターネットや本などで情報収集を行い、わからない部分を留学エージェントに聞くように心がけましょう。的を絞って質問すれば留学エージェントもリクエストに応えやすはずです。

留学都市はある程度選定した上で、それぞれの善し悪しを聞くようにしましょう。また希望した都市の中で興味のある語学学校、カレッジ、大学を見つけておくとより良いです。

Eメールを活用

これはエージェントとのやり取りに限らず自分で学校手配をする際にも言えることですが、費用、契約に関わる部分は出来る限り、メールでのやり取りや手紙でのやり取りをして手元に証拠を保存するようにして下さい。現地に行ったら、話が違ったということがあるかもしれません。送ったはずの書類が届いていないとか、知らないと平気で言われるかもしれません。電話でのやり取りだと証拠が残らないため、「言った」「言わない」の問題が発生します。しかし、メール等で証拠を残しておけば、過去を明確に振り返ることができます。

学校手配は留学エージェントに

実際の手続きはカウンセラーにお願いし、情報収集、学校選択等はご自身で決めるこことが大事です。残念ながら留学エージェントもボランティア事業ではなく、ビジネスであって、本当にあなたの将来のことを考えた上で情報を提供しているとは限りません。本当はもっと良い情報や学校を知っていても、委託料が高い学校を推薦するということはよくある話です。本当に親身になって相談に乗ってくれる人もいるのですが、やはりあなたのことを一番理解しているのはあなたです。出来る限り自分の手で進め、足りない点、疑問点を絞り込んでカウンセラーに尋ねるぐらいの心構えが留学の成功への道だと私は思います。その方がカウンセラー側も対応しやすいはずですしね。

授業料の支払うタイミング

日本滞在時に学校の手続きを行う上で金銭トラブルが一番の不安要素です。一部学校では席確保のために前もって授業料の支払いを請求してくるところもあるようですが、大都市など語学学校が乱立している場所では「授業料支払ったはいいが、実際に学校に行ったら、学校が倒産してなくなっていた」なんてことがあるようです。基本的に公立の語学学校や大手民間語学学校ではこのような心配はありませんが、あまり聞いたことも無いような小さな語学学校では金銭のやり取りは慎重に行って下さい。

民間語学学校の場合、長期申し込みの方に対して授業料割引がよくありますが、長期間を1度に申し込むのもやめておきましょう。学校は通ってみないとわからないことがたくさんあります。どんなに評判が良くても自分に合うとは限りませんので。若干高くても2ヶ月単位なり、小分けにして都度支払う方が何かと都合がいいはずです。